中外製薬は、ヒト化抗ヒトIL6受容体抗体トシリズマブについて、キメラ抗原受容体遺伝子導入T細胞輸注療法(CAR T細胞療法)に伴うサイトカイン放出症候群に対する適応拡大申請を、5月28日に厚生労働省に行ったと発表した。

トシリズマブがCAR T細胞療法に伴うサイトカイン放出症候群を対象に国内で申請の画像

ログインして全文を読む