ノバルティス ファーマは5月25日から、切除不能な進行・再発の非小細胞肺癌(NSCLC)におけるBRAF V600E変異の判定検査にかかる費用を一定期間ノバルティスが負担し、対象患者の早期治療へのアクセスを可能にすることを目的とした「オンコマイン Dx Target Test CDxシステムによるBRAF V600E検査結果提供プログラム」を開始した。

NSCLCのBRAF V600E変異判定検査の費用をノバルティスが負担するプログラムが開始の画像

ログインして全文を読む