大鵬薬品工業とフランスServier社は5月9日、トリフルリジン・チピラシル塩酸塩(TAS-102)が、切除不能胃癌の3次治療以降においてプラセボと比較したフェーズ3試験TAGSで、全生存期間(OS)を延長したと発表した。

切除不能胃癌の3次治療以降においてTAS-102が全生存期間を延長の画像

ログインして全文を読む