米Karyopharm社は4月30日、経口選択的核外輸送たんぱく質阻害薬(SINE)であるselinexor(KPT-330)が、5剤抵抗性の難治性多発性骨髄腫(MM)患者を対象とした単群オープンラベル多施設フェーズ2b試験STORMにおいて有望な結果を示したことを発表した。

5剤抵抗性の難治性多発性骨髄腫に選択的核外輸送たんぱく質阻害薬selinexorが有望な結果の画像

ログインして全文を読む