MSDは4月27日、抗PD-1抗体ペムブロリズマブとペメトレキセド、白金系抗癌剤(シスプラチンまたはカルボプラチン)の併用療法について、PD-L1発現に関係なく、進行・再発の非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として申請したと発表した。

進行肺癌の1次治療としてペムブロリズマブと化学療法の併用療法が申請の画像

ログインして全文を読む