白金系抗癌剤抵抗性の進行尿路上皮癌に抗PD-1抗体ニボルマブを投与する場合、ベースラインでの循環骨髄由来免疫抑制細胞(MDSC)のレベルなどが有効性のバイオマーカーとなる可能性が明らかとなった。

白金系抗癌剤抵抗性進行尿路上皮癌でのニボルマブのOS延長効果はMDSC低レベルで良好な可能性【AACR2018】の画像

ログインして全文を読む