ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌において、肝転移や高度腫瘍グレードなどの予後不良因子をもつ患者では、内分泌療法とabemaciclib併用療法による有用性がより高いことがMONARCH 2試験とMONARCH 3試験の無増悪生存期間(PFS)最終データを用いた解析で明らかになった。

内分泌療法へのabemaciclibの追加は予後不良因子をもつ乳癌患者でより大きなベネフィットが得られる【AACR2018】の画像

ログインして全文を読む