進行非扁平上皮非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として、化学療法と抗PD-1抗体ペムブロリズマブの併用を行うことは、化学療法のみよりも全生存期間(OS)と無増悪生存期間(PFS)を有意に改善できることが明らかとなった。無作為化二重盲検プラセボ対照フェーズ3試験の詳細な結果より示されたもの。

進行非扁平上皮NSCLCの1次治療で化学療法とペムブロリズマブの併用はOSとPFSを有意に延長【AACR2018】の画像

ログインして全文を読む