早期トリプルネガティブ乳癌に対し、AKT阻害薬ipatasertibとパクリタキセル併用療法はPIK3CA/AKT1/PTEN遺伝子異常のある患者で有効性が高いことが、術前治療として検討した二重盲検プラセボ対照ランダム化フェーズ2試験FAIRLANEで明らかになった。

早期トリプルネガティブ乳癌にipatasertibとパクリタキセル併用の術前治療はPIK3CA/AKT1/PTEN遺伝子異常のある患者で有効【AACR2018】の画像

ログインして全文を読む