局所進行切除不能のIII期の非小細胞肺癌(NSCLC)に同時化学放射線療法後にdurvalumabを投与した群は、プラセボを投与した群に比べて、自覚症状の悪化までの時間が延長できることが明らかとなった。

局所進行切除不能III期NSCLCへの同時化学放射線療法後のdurvalumab投与は自覚症状の悪化までの時間も延長【ELCC2018】の画像

ログインして全文を読む