IV期の非小細胞肺癌(NSCLC)患者に対する3次治療として、抗EGFR抗体necitumumabとCDK4/6阻害薬abemaciclibの併用療法は、治療転帰に有意義な影響を及ぼさないことがわかった。

IV期のNSCLCの3次治療で抗EGFR抗体necitumumabとabemaciclibの併用は治療転帰に影響を示せず【ELCC2018】の画像

ログインして全文を読む