ALK融合遺伝子陽性の非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として、アレクチニブはクリゾチニブと比べて健康関連QOLと肺癌に関連する症状を改善する効果が長く持続することが、フェーズ3のALEX試験の患者報告アウトカム(PRO)の解析からわかった。

ALK陽性NSCLCの1次治療としてアレクチニブは症状を持続的に改善、ALEX試験の患者報告アウトカム【ELCC2018】の画像

ログインして全文を読む