EGFR変異陽性非小細胞癌に対する1次治療として、第3世代EGFR-TKIであるオシメルチニブは、標準治療薬である第1世代EGFR-TKIと同様に、咳などの肺癌症状とQOLを改善することが、フェーズ3試験FLAURAの患者報告アウトカム(PROs)の解析で明らかになった。

非小細胞癌の1次治療でオシメルチニブは標準薬と同様に肺癌症状とQOLを改善【ELCC2018】の画像

ログインして全文を読む