進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対する1次治療として免疫チェックポイント阻害薬の併用療法を行ったフェーズ3試験の結果が、シカゴで開催されるAmerican Association for Cancer Research(AACR2018)で4月16日に一斉に発表される。いずれも結果が良かったことが既にプレスリリースされているもので、実際のデータが初めて公開されることになる。進行NSCLCに対する治療方針の議論に大きな影響を与えそうだ。

NSCLCの1次治療としての免疫チェックポイント阻害薬併用療法のフェーズ3試験結果がAACRで一斉に発表への画像

ログインして全文を読む