国立がん研究センター、NHKエンジニアリングシステム、オリンパスとNTTデータ経営研究所は3月14日、8Kスーパーハイビジョン技術(8K技術)を用いた腹腔鏡手術システムで、大腸癌患者を対象にした臨床試験を開始したと発表した。8K技術の医療応用での世界で初めての臨床試験になるという。

大腸癌を対象に8K技術を用いた腹腔鏡手術システムの臨床試験が開始の画像

ログインして全文を読む