米国臨床腫瘍学会(ASCO)と米国病理学会(CAP)は、血中循環腫瘍DNA(ctDNA)を用いたリキッドバイオプシーの癌領域におけるエビデンスの評価に関するレビュー結果を発表した。

リキッドバイオプシーの実地臨床での使用を推奨するエビデンスは不十分、ASCOとCAPの共同レビュー結果の画像

ログインして全文を読む