米国Puma Biotechnology社は2月23日、不可逆的pan-HERチロシンキナーゼ阻害薬neratinibについて、欧州医薬品庁(EMA)の医薬品委員会(CHMP)が、早期のHER2陽性乳癌におけるトラスツズマブと化学療法による術後療法後に1年間投与する追加療法について承認を拒否するよう推奨したことを明らかにした。同社は、再検討を求める申請を行うとしている。

欧州医薬品委員会が早期HER2陽性乳癌の術後トラスツズマブ投与後のneratinib追加に否定的見解の画像

ログインして全文を読む