転移を有するホルモン療法未治療の前立腺癌(mHNPC)の高齢者に対する1次治療として、アンドロゲン除去療法(ADT)との併用におけるドセタキセルの投与は忍容性が良好で、非高齢者と同等の無増悪生存期間(PFS)が得られることが、単施設のレトロスペクティブな解析から示された。2月8日から10日まで米国サンフランシスコで開催された Genitourinary Cancers Symposium(ASCO GU 2018)で、英Bristol Cancer InstituteのLindsay Rayner氏が発表した。

転移を有するホルモン療法未治療の前立腺癌の高齢者にもドセタキセルの忍容性は良好、効果も期待できる可能性【ASCO GU2018】の画像

ログインして全文を読む