限局性前立腺癌において、アンドロゲン受容体(AR)の活性には不均一性(ヘテロジェナイティ)があり、AR活性が低い腫瘍は転移病変になりやすいが、プラチナ製剤やPARP阻害薬、放射線療法に感受性が高いことが、トランスクリプトーム解析の結果で明らかになった。米国University of MichiganのDaniel E. Spratt氏らが、2月8日から10日までサンフランシスコで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2018)で発表した。

アンドロゲン受容体活性が低い前立腺癌はプラチナ製剤、PARP阻害薬、放射線療法の効果が高い【ASCO GU2018】の画像

ログインして全文を読む