エンザルタミドやアビラテロンの投与経験を持つ転移を有する去勢抵抗性前立腺癌(mCRPC)に対して、PARP阻害薬のオラパリブに抗PD-L1モノクローナル抗体durvalumabを加えて投与することが有効である可能性が明らかとなった。患者選択を行っていない集団を対象としたフェーズ2試験の予備的な解析で、有効性と忍容性を示す結果が得られたもの。2月8日から10日までサンフランシスコで開催されているGenitourinary Cancers Symposium(ASCO GU2018)で、米National Cancer InstituteのFatima Karzai氏によって発表された。

mCRPCにオラパリブに加えてdurvalumabの投与が有効な可能性【ASCO GU2018】の画像

ログインして全文を読む