難治性の転移を有する大腸癌に対し、レゴラフェニブは初回から標準用量を投与するよりも、低用量から開始して段階的に増量する投与法のほうが投与達成率は高いことが、レゴラフェニブの用量最適化に関するランダム化フェーズ2試験(ReDOS)で明らかになった。米Mayo ClinicのTanios S. Bekaii-Saab氏らが、1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催された2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で発表した。

難治性大腸癌へのレゴラフェニブは低用量からの段階的増量で投与達成率が向上、OSも良好に【ASCOGI2018】の画像

ログインして全文を読む