化学療法に不応もしくは不耐の進行大腸癌において、KRASエクソン2野生型だけでなく、RAS/BRAF野生型患者でも、パニツムマブとイリノテカン併用はセツキシマブとイリノテカン併用に比べてやや良好な生存を示すことが、ランダム化フェーズ2試験WJOG6510Gのバイオマーカー解析で確認された。四国がんセンター消化器内科の仁科智裕氏らが、1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催された米国臨床腫瘍学会2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で発表した。

日本人RAS/BRAF野生型の進行大腸癌にイリノテカン併用でパニツムマブはセツキシマブに比べてやや良好な生存を示す【ASCOGI2018】の画像

ログインして全文を読む