進行大腸癌の2次治療として、FOLFIRIにラムシルマブを追加投与した場合の効果は、BRAF遺伝子に変異がある患者で高い可能性が明らかとなった。また、効果はRAS遺伝子の状態に関わらず認められた。進行大腸癌の2次治療としてFOLFIRIにラムシルマブを追加投与した群とプラセボを追加した群を比較し、ラムシルマブの追加投与の有効性を証明した国際無作為化二重盲検フェーズ3試験RAISEの結果を解析し示された。1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催された2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で、国立がん研究センター東病院の吉野孝之氏によって発表された。

進行大腸癌の2次治療でのFOLFIRI+ラムシルマブの効果はBRAF遺伝子変異型患者で高い可能性【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む