フルオロピリミジン、オキサリプラチン、イリノテカンによる治療を受け、抗EGFR抗体の投与を受けていないKRASエクソン2野生型の進行大腸癌への治療は、抗EGFR抗体セツキシマブ±イリノテカン、レゴラフェニブの順番で投与するよりも、レゴラフェニブ、セツキシマブ±イリノテカンの順番で投与した方が全生存期間(OS)を延長できる可能性が明らかとなった。日本で行われた無作為化フェーズ2試験、Reverceの結果示されたもの。1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催された2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で、国立がん研究センター東病院の設楽紘平氏によって発表された。

KRAS野生型進行大腸癌の後方ライン治療の順番はレゴラフェニブの後にセツキシマブが良い可能性、Reverce試験の結果【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む