ソラフェニブ治療歴のある進行肝細胞癌(HCC)に対し、cabozantinibはプラセボに比べて、全生存期間(OS)および無増悪生存期間(PFS)、奏効率を有意に改善することが、ランダム化フェーズ3試験CELESTIALの結果、明らかになった。米Memorial Sloan Kettering Cancer CenterのGhassan K. Abou-Alfa氏らが、1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催されている2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で発表した。

ソラフェニブ治療歴のある進行肝細胞癌にcabozantinibはプラセボに比べて生存を有意に改善【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む