治療歴を有する進行胃神経内分泌癌(G-NEC)に対し、ラムシルマブと化学療法の併用あるいはラムシルマブ単独は効果があり、忍容性も優れていることが、単施設のレトロスペクティブな検討で明らかになった。国立がん研究センター東病院消化管内科の三島沙織氏らが、1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催されている米国臨床腫瘍学会2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で発表した。

治療歴のある進行胃神経内分泌腫瘍にラムシルマブは胃腺癌よりも効果が高い可能性【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む