Stage IIIの胃癌で治癒切除術を行った日本人患者の転帰は、術後にカペシタビン+オキサリプラチン併用療法(CAPOX療法)またはS-1+オキサリプラチン併用療法(SOX療法)を行った場合、同等となる可能性が示唆された。2つのフェーズ2試験の統合解析から示されたもので、日本人患者でオキサリプラチンベースの術後補助化学療法の生存を追跡した初の報告となる。米サンフランシスコで1月18日から20日まで開催されているGastrointestinal Cancer Symposium(ASCO GI 2018)で、国立がん研究センター東病院消化管内科の中村能章氏が発表した。

III期の胃癌に対する術後のCAPOX療法とSOX療法の転帰は同等となる可能性、日本のフェーズ2試験の統合解析の結果【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む