肉眼的深達度SS/SE/SIの切除可能胃癌に、手術時に腹腔内大量頻回生理食塩水洗浄(EIPL)を行うことは、無病生存期間(DFS)の延長傾向はあるものの、有意な差はないことが明らかとなった。国内で実施された無作為化フェーズ3試験CCOG 1102の長期観察の結果示されたもの。1月18日から20日まで米サンフランシスコで開催されている2018 Gastrointestinal Cancers Symposium(ASCO GI2018)で、 名古屋大学の小寺泰弘氏によって発表された。

肉眼的深達度SS/SE/SIの切除可能胃癌への手術時腹腔内大量頻回生理食塩水洗浄はDFSの延長傾向示すが有意差はなし【ASCO GI2018】の画像

ログインして全文を読む