ホルモン受容体(HR)陽性HER2陰性進行乳癌に対するCDK4/6阻害薬abemaciclib追加投与による効果は、予後に関わる因子で分けたサブグループの全てで現れることが明らかとなった。また、予後不良グループの中には予後が良いグループよりも強い効果を示した場合もあった。abemaciclibとフルベストラント併用の有効性を示したMONARCH2試験と、非ステロイド型アロマターゼ阻害薬(AI)併用の有効性を示したMONARCH3試験のデータを統合して行った、予後因子と効果に関する探索的な解析で判明したもの。

進行乳癌へのabemaciclib投与は予後因子によるサブグループの全てで有効、予後不良グループで高い効果も【SABCS2017】の画像

ログインして全文を読む