ホルモン(HR)受容体陽性HER2陰性進行乳癌への最初の内分泌療法としてのCDK4/6阻害薬とアロマターゼ阻害薬の併用は、高齢女性でも若年女性と同等の無増悪生存期間(PFS)延長効果があることが明らかとなった。ただし、グレード3/4の副作用は高齢者に多く、減量/中断や中止となった率は高齢者で高かった。これは、米食品医薬品局(FDA)に提出された、進行乳癌への最初の内分泌療法としてのCDK4/6阻害薬とアロマターゼ阻害薬併用の効果を評価した試験の結果を統合し、レトロスペクティブにサブグループ解析した結果示されたもの。

HR受容体陽性進行乳癌へのCDK4/6阻害薬とアロマターゼ阻害薬の併用は高齢女性でも若年者と同等に有効【SABCS2017】の画像

ログインして全文を読む