実臨床でエストロゲン受容体陽性進行乳癌に対してCDK4/6阻害薬パルボシクリブを投与した場合、投与量の減量や投与の遅延が起きても無増悪生存期間(PFS)延長効果には影響がないことが明らかとなった。むしろ投与量の減量や投与の遅延が起きた患者でPFSが長かった。また発熱性好中球減少症の発現率は低かった。米MD Anderson Cancer Centerで、進行乳癌に対する標準治療としてパルボシクリブを投与した患者のデータを、レトロスペクティブに解析した結果、示されたもの。

エストロゲン受容体陽性進行乳癌へのパルボシクリブ投与での投与量の減量や遅延は実臨床でもPFSに影響せず【SABCS2017 】の画像

ログインして全文を読む