HER2陽性早期乳癌の術後にタキサン-アントラサイクリンの化学療法に加えてトラスツズマブを投与する期間は、1年間が標準であることが確認された。ドセタキセルと同時に9週間だけトラスツズマブを投与する群(9週間のみ群)と、その後もトラスツズマブを計1年間投与する群(標準療法群)を比較した無作為化フェーズ3試験SOLD(The Synergism Or Long Durationの結果、9週間トラスツズマブを投与する群の1年間投与群に対する無病生存期間(DFS)の非劣性が証明できなかった。

ログインして全文を読む