PD-L1陽性でトラスツズマブ抵抗性のHER2陽性進行乳癌に、抗PD-1抗体ペムブロリズマブとトラスツズマブを投与することが有効である可能性が明らかとなった。フェーズ1b/2試験PANACEA(IBCSG 45-13/BIG4-13/KEYNOTE014)の結果、忍容性と抗腫瘍効果が確認されたもの。12月5日から9日まで米国サンアントニオで開催されているSAN ANTONIO BREAST CANCER SYMPOSIUM(SABCS2017)で、オーストラリアPeter MacCallum Cancer CentreのSherene Loi氏によって発表された。

トラスツズマブ抵抗性のHER2陽性進行乳癌にペムブロリズマブとトラスツズマブ併用が有効な可能性【SABCS2017】の画像

ログインして全文を読む