国立がん研究センターは、12月4日、子宮癌肉腫を対象に、抗HER2抗体にトポイソメラーゼ阻害薬であるDXdを結合させた製剤DS-8201を投与する医師主導治験(試験略称: NCCH1615、STATICE、UMIN試験ID: UMIN000029506)を開始したと発表した。

子宮癌肉腫に抗HER2抗体薬物複合体製剤DS-8201を投与する医師主導治験が開始の画像

ログインして全文を読む