アストラゼネカは11月27日、第3世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬(TKI)のオシメルチニブについて、EGFR遺伝子変異陽性の手術不能又は再発非小細胞肺癌の1次治療への適応拡大申請を行ったと発表した。

第3世代EGFRチロシンキナーゼ阻害薬オシメルチニブの肺癌1次治療への適応拡大が申請の画像

ログインして全文を読む