日本における既治療進行非小細胞肺癌(NSCLC)に対する実臨床でのニボルマブの効果は、臨床試験での結果と同様であることが明らかとなった。また安全性も臨床試験の結果とほぼ同様だったが、肺炎は臨床試験の結果よりも高頻度に発現していた。国内で行われた多施設のレトロスペクティブ研究により示されたもの。11月15日から18日まで横浜市で開催されているIASLC 18th World Conference on Lung Cancer(WCLC2017)で、神戸市立医療センター中央市民病院の藤本大智氏によって発表された。

日本における既治療進行NSCLCへの実臨床でのニボルマブの効果は臨床試験と同等【WCLC2017】の画像

ログインして全文を読む