進行ALK転座陽性非小細胞肺癌(NSCLC)でALK阻害薬アレクチニブ投与などでも増悪した患者に、別のALK阻害薬であるセリチニブを投与することが一部の患者で有効であることが明らかとなった。日本国内9施設で行われた単群オープンラベルフェーズ2試験、ASCEND-9の結果示されたもの。11月15日から18日まで横浜市で開催されているIASLC 18th World Conference on Lung Cancer(WCLC2017)で、国立がん研究センター中央病院の堀之内秀仁氏によって発表された。

アレクチニブ投与で増悪した進行ALK陽性NSCLC患者の一部にセリチニブが有効【WCLC2017】の画像

ログインして全文を読む