小野薬品工業と米Bristol-Myers Suibb社は、9月22日、抗PD-1抗体製剤ニボルマブの、癌化学療法後に増悪した治癒切除不能な進行・再発の胃癌への適応拡大の承認を厚生労働省から獲得したと発表した。PD-L1の発現度合いに関わらず、進行胃癌に対する3次治療以降での使用が可能になった。

ニボルマブが進行胃癌の3次治療以降でPD-L1の発現度合いに関わらず承認、同日に最適使用推進ガイドラインを通知の画像

ログインして全文を読む