転移を有する腎細胞癌に対する分子標的薬の効果判定には、RECIST基準よりもChoi基準やmodified Choi(mChoi)基準の方が早期効果の把握に優れている可能性が、前向き多施設共同無作為化フェーズ2/3試験STARの解析で示された。9月7日から12日までスペイン・マドリードで開催されている欧州臨床腫瘍学会(ESMO2017)で、英国Division of imaging Sciences, King’s College LondonのV. Goh氏らが発表した。

腎細胞癌に対する分子標的薬の効果判定はRECISTよりChoi/mChoiの方が早期効果を捉えやすい可能性【ESMO2017】の画像

ログインして全文を読む