米国食品医薬品局(FDA)は8月30日、25歳までの難治性または2次以降の再発B細胞性急性リンパ芽球性白血病(B-ALL)の患者を対象に、CD19を標的とするキメラ抗原受容体(CAR)を用いた遺伝子改変T細胞薬(CAR-T)tisagenlecleucelを承認したと発表した。米国で初めて承認された遺伝子治療薬となった。

米国で25歳までのB-ALLを対象にCAR-Tが承認の画像

ログインして全文を読む