米食品医薬品局は8月17日、抗CD22抗体-薬物結合製剤であるinotuzumab ozogamicinについて、成人の再発または難治性B細胞前駆体急性リンパ芽球性白血病(ALL)を対象に承認したと発表した。inotuzumab ozogamicinは日本でもALLを対象に申請されている。

成人の再発または難治性B細胞前駆体ALLにinotuzumab ozogamicinが米国で承認の画像

ログインして全文を読む