切除不能肝細胞癌に対する1次治療における、レンバチニブの有効性が日本人でも確認された。レンバチニブとソラフェニブを比較したオープンラベル無作為化フェーズ3試験REFLECTの、日本人データのサブ解析の結果示されたもの。7月27日から29日まで神戸市で開催された日本臨床腫瘍学会で、国立がん研究センター東病院の池田公史氏によって発表された。

切除不能肝細胞癌の1次治療としてのレンバチニブの有効性が日本人でも確認【臨床腫瘍学会2017】の画像

ログインして全文を読む