進行大腸癌に対する2次治療としてのアフリベルセプトとFOLFIRIの併用療法の効果は、前治療でのベバシズマブ投与の有無、VEGF-A、PIGFのレベルに関わらず有効であることが明らかとなった。オキサリプラチンによる治療歴のある進行大腸癌患者を、FOLFIRIとアフリベルセプトを併用する群(アフリベルセプト群)とFOLFIRIとプラセボを併用する群(プラセボ群)に割り付けて行われたフェーズ3試験VELOURの、レトロスペクティブなバイオマーカー解析の結果示されたもの。

進行大腸癌へのアフリベルセプトの効果はベバシズマブ投与の有無、VEGF-A、PIGFのレベルに関わらず有効【WCGC2017】の画像

ログインして全文を読む