進行胃/胃食道接合部癌に対して、抗VEGFR-2抗体ラムシルマブと抗PD-L1抗体durvalumabの併用が有用である可能性が明らかとなった。実施中のフェーズ1a/1b試験の、既治療進行胃/胃食道接合部癌を対象にしたコホートの予備的な解析で忍容性が認められ、一部の患者で抗腫瘍効果が確認されたもの。6月28日から7月1日までスペイン・バルセロナで開催されているESMO 19th World Congress on Gastrointestinal Cancer(WCGC2017)で、イスラエルSheba Medical CenterのTalia Golan氏によって発表された。

進行胃癌にラムシルマブとdurvalumabの併用が有用である可能性【WCGC2017】の画像

ログインして全文を読む