進行膵腺癌にFOLFOXとペグ化インターロイキン(IL)10製剤であるAM0010を併用することが有用である可能性が明らかとなった。フェーズ1/1b試験の一部として、治療歴を有する進行膵腺癌にAM0010を単剤投与したコホートとFOLFOXとAM0010を併用投与したコホートで、単剤と併用のどちらでも忍容性が認められ、併用群では抗腫瘍効果が認められたもの。

進行膵腺癌にFOLFOXとペグ化IL10の併用が有用な可能性【WCGC2017】の画像

ログインして全文を読む