ゲムシタビン耐性進行膵癌患者を対象として、TAS-118(テガフール・ギメラシル・オテラシル・ホリナートカルシウム)をS-1と比較した日本と韓国のフェーズ3試験(GRAPE)において、主要評価項目である全生存期間(OS)の延長は示されなかった。6月2日から6日までシカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2017)で、神奈川県立がんセンター消化器内科の上野誠氏が発表した。

ゲムシタビン耐性進行膵癌に対するTAS-118はS-1との比較でOSの延長は示されず【ASCO2017】の画像

ログインして全文を読む