EGFR-TKI抵抗性のEGFR遺伝子変異陽性非小細胞肺癌(NSCLC)に対し、アファチニブとベバシズマブの併用療法は有効性があり、安全性も認められることが、多施設共同単群フェーズ2試験(ABC-study)で明らかになった。先端医療センター病院総合腫瘍科の秦明登氏らが、6月2日から6日まで米国シカゴで開催されている米国臨床腫瘍学会(ASCO2017)で発表した。

EGFR-TKI抵抗性のEGFR変異陽性NSCLCにアファチニブとベバシズマブの併用療法は有効で安全【ASCO2017】の画像

ログインして全文を読む