武田薬品は5月1日、クリゾチニブ投与中に進行した、あるいはクリゾチニブ抵抗性のALK陽性進行非小細胞肺癌(NSCLC)を対象に、brigatinibの販売承認を米国食品医薬品局(FDA)から取得したと発表した。今回の承認は、奏効率および奏効期間に基づいて迅速承認制度で行われた。

クリゾチニブ抵抗性ALK陽性進行NSCLC対象にbrigatinibが米国で迅速承認の画像

ログインして全文を読む