抗PD-L1抗体avelumabの単剤療法は、治療歴がある進行メルケル細胞癌(MCC)患者において安全に投与でき、奏効例の74%で1年以上効果が続くことが、フェーズ2試験JAVELIN Merkel 200で明らかになった。米国Rutgers Cancer Institute of New JerseyのHoward L. Kaufman氏らが、4月1日から5日まで米国ワシントンで開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2017)で発表した。

抗PD-L1抗体avelumabは皮膚のメルケル細胞癌に安全で持続的な効果を示す【AACR2017】の画像

ログインして全文を読む