転移を有するトリプルネガティブ乳癌に対して抗PD-L1抗体atezolizumabを投与した場合、奏効した患者の2年OS率は100%となった。フェーズ1a試験の拡大コホートの結果で、4月1日から5日まで米ワシントンD.C.で開催されているAmerican Association for Cancer Research(AACR2017)で、英Barts Cancer InstituteのPeter Schmid氏によって発表された。

進行トリプルネガティブ乳癌へのatezolizumab投与は奏効すれば長期生存の可能性【AACR2017】の画像

ログインして全文を読む